メディアでみた、気になった!

メディアでみて、いろいろと気になったグッズなどを紹介します

ハーツをやりましたか?

ウィンドウズのバージョンにもよりますが、
パソコンに付属している
ゲームでいくつかトランプがありましたよね。


フリーセルとか
スパイダーソリティアとか
ソリティアとか

たいていは
一人で遊ぶためのゲームでした。


しかし、
その中で対戦型のゲームもありました。

それが ハーツ です。


対戦型のゲームは
珍しくはありません。

将棋やチェスはパソコンと戦います。

1対1ではなくても
麻雀のように
相手の3人をすべてパソコンがやってくれる
ゲームもあります。


しかし、
パソコンのトランプゲームで
対戦型はとっても珍しかったと思います。


ソリティアに代表されるように
パソコンでは一人で遊ぶトランプゲームが主流です。

ひとりでやって
あがればいいわけですから、
しかも、それがけっこう面白いわけですから。


スパイダーソリティアなんて
4スーツでやると
なかなかあがれません。

運を味方につけて
戦略も考えなければいけません。


そしてあがった時は
満足感が得られます。


ですから、
わざわざ対戦型は必要なかったのですね。

しかし、
ハーツがありました。

何故あったのかは謎です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナポレオンの勝利条件

ナポレオンの勝利条件についての説明です。

ナポレオンが最初に宣言した数の
絵札を集めれば勝利です。

すなわち連合軍側としては、
ナポレオンを阻止できれば勝利です。

絵札は10も含めて20枚あります。
連合軍側が、要件を満たせばその時点で
ゲームは終了です。


ナポレオン側が、全ての絵札(20枚)を取ることを
パーフェクトと呼びます。

パーフェクトだとナポレオン側が
負けるというローカルルールもあります。

このルールを採用している場合は、
最後のターンまで行かなければなりません。

このルールでも、ナポレオンが前半で、
20枚取る宣言をすれば勝ちとなります。

パーフェクトは称賛されるべきことなので
このルールを採用しない人も多いようです。



勝利に関して、1回ずつ得点をつけていく事もできます。
しかし、1回ずつをゲームとして楽しむこともできます。

ナポレオンはチーム戦ですが、
そのチームはその都度メンバーが変わります。

1回ずつ楽しんだほうが、後腐れはありません。



カジノミー
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナポレオンのルール

ナポレオンのゲームの進め方です。

プレーヤーは1回のターンで
自分の手札から1枚を場に表向きで置きます。

最初はナポレオンから出します。
そのターンで最も強いカードを出した人が
そこに出してある絵札をもらいます。

次のターンは、前のターンで一番強かった
プレーヤーから始めます。


出すカードは同じマークがある限りは、
そのマークのカードを出します。

これも重要なルールです。

同じマークがないときは、何を出しても構いません。

基本的には数字は大きいほうが強く、
切り札が出た場合は、切り札が強いです。


ただし、これはあくまでも基本です。
ここに、マイティー、正ジャック、裏ジャック、
セイムツー、切り札請求、よろめきなど
様々なルールがあります。



ローカルルールもありますので、
ゲームをする前に確認が必要です。


例えば、セイムツーは
一巡目が無効だったり、切り札が無効だったりする
ルールもあります。
裏ジャックもセイムツーには負けるとか、
裏ジャックに限ってはセイムツーが無効とか、
本当に様々です。



ギャンボラ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

副官の役割


ナポレオンは副官を指名できます。
指名の仕方は、カードの保有で行います。


例えば、
ダイヤで16 で、競りに勝った場合
「副官はダイヤのキング」
などと指名します。

副官に指名されたプレーヤーは
ナポレオンの指示がない限り、
自分が副官であることを秘密にします。

副官は必ずナポレオンの指示に従います。
そして、必ずナポレオンに
協力しなければいけません。

どんなに個人的に嫌いな人から指名されようと
このゲームをする限りは、
ナポレオンの指示に従います。

この前提が崩れると、ゲームが成立しません。

何を出してと言われたら、
可能な限りそのカードを出します。


ナポレオンは
副官を指名しないことも可能です。
これを、ひとり立ちと、呼びます。

その時は、相手の連合軍は4人になります。

指名しないと宣言してもいいです。

わざと自分が持っているカードを宣言することも可能です。
この場合は、連合軍の4人はある程度ゲームが進むまで
誰が副官革からないので、疑心暗鬼になります。

ローカルルールによっては
最初に場に伏せたカードを副官指名して、
最後まで誰が副官かわからないようにすることもできます。



ギャンボラ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トランプゲームナポレオンのルール

ナポレオンのルールを完結に記します。

プレーヤーは5人です。
53枚のカードを10枚ずつ配ります。
残った3枚は場に伏せておきます。


ここで、競りあるいは立候補をします。

自分の手札を見て、20枚の絵札を
何枚取れるか宣言します。

例えば、
ハートで14
クラブで15

と、宣言していきます。

同じ数字の場合の優先順位は、

すはだみ です。


宣言したマークがそのまま切り札になります。

競りに勝ったプレーヤーがナポレオンです。


ただし、この前の段階で
自分の手札に絵札が一枚もない場合は
繰り直し請求をすることができます。


ナポレオンは場の3枚のカードを取り、
13枚になったカードから3枚を場に戻します。

これでナポレオンの手札はかなり強力になります。

ナポレオンは副官を指名できます。




ミスティーノ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ